熊野街道 高野山周辺エリア


霊場 高野山

標高800メートルの山上盆地に、真言密教の根本道場として空海が816年に建立した「金剛峯寺」をはじめ、金剛峰寺の建設と運営の便を図るための政所として山下に建立された「慈尊院」、金剛峯寺の荘園であった官省符荘の鎮守社として建立された「丹生官省符神社」、金剛峯寺と慈尊院のほぼ中間点にあたる天野盆地にあり、空海が金剛峯寺の寺地を選定した際の伝説に登場する土地を譲った神である「丹生明神」、道案内をした神である「高野明神」を祀り、金剛峯寺と常に密接な関係を保ってきた「丹生都比売神社」からなり、それぞれが参詣道である「高野山町石道」で結ばれています。

高野山は、現在もなお117もの寺院が密集し、凡そ1200年の信仰の山の歴史を秘めた山上の宗教都市であり、峻険な山嶺と深遠なる樹叢とが 一体となった信仰に関連する文化的景観を形成しています。特に、空海が「即身成仏」を果たし、今なお生き続けていると信じられている奥院は、「大師信仰」と 相まって今でも多くの人々により墓石の建立が続けられています。




[ホーム]