熊野街道 吉野・大峯周辺エリア


霊場 吉野 大峯

標高千数百メートル級の急峻な山々が続く修験道の聖地で、北部を「吉野」、南部を「大峯」と呼びます。既に10世紀中頃には、日本第一の霊山として中国にもその名が伝わるほどの崇敬を集めました。

「吉野」は修験の隆盛に伴い、開祖とされる「役行者」(7~8世紀頃)ゆかりの聖地として重視されました。また、「大峯」は吉野と「熊野三山」とを結ぶ大峰山脈の総称であり、山岳での実践行を重んじる修験道では、山に入って苦行を重ねながら踏破することを「奥駈」あるいは「峰入」と称して最も重視されました。大峯はこの「奥駈」の舞台であり、日本各地から多くの修験者が訪れるところとなり、「吉野・大峯」をモデルに全国各地に山岳霊場が形成されました。冬季は氷雪に閉ざされる険しい峰々が信仰の対象とされ、数多くの行場や、拠点となる寺院・神社を結んで尾根筋をつたう「大峯奥駈道」が走っています。

また、吉野は桜の名所として名高いが、これは霊木である桜を献木するという宗教行為によって植え続けられてきたもので、わが国でも他に例をみない文化的景観となっています。


大峰奥駈道

大峰奥駈道

霊場「吉野・大峯」と「熊野三山」を結ぶ修験者の修行の道であり、吉野から大峰山寺、玉置神社を経て熊野本宮大社に至るルートである。経路の大半は、標高千数百メートル級の山々を踏破する険しい起伏に富んだ尾根道で、靡と呼ばれる行場が数多く設けられている。

伝説によれば修験道の祖とされる役行者が8世紀初めに開いたとされ、これを踏破する奥駈は修験道で最も重視される修行であり、修験者はこの奥駈が義務付けられ回数を重ねることが重要とされた。

行程中の仏教嶽(標高1914.9メートル)には「仏教嶽原始林」や「オオヤマレンゲ自生地」といった天然林が残されている。


吉野水分神社

吉野水分神社

古代の分水嶺に対する信仰を祭祀の起源とする神社で、12世紀には神仏習合によって神社の祭神が地蔵菩薩の垂迹とされ、重視されました。


金峯神社

金峯神社

古代の「金」をはじめとする鉱物に対する信仰を起源とする神社で、吉野水分神社とともに「吉野」が信仰の山となる端緒となりました。


金峯山寺

金峯山寺

修験道の中心寺院で、修験道の霊場・吉野の中心的伽藍として信仰を集めました。4月には、本尊に桜花を供えて人間の罪を懺悔する「花供懺法会」が毎年盛大に行われています。


吉水神社

吉水神社

神仏分離令及び修験道廃止令によって神社となりましたが、元来は金峯山寺の附属寺院の中でも中心的存在で、行者や参詣者の滞在所・宿泊所としても利用されていまた。


[ホーム]